« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月26日 (月)

休漁♪?はあ~(ノ∀`) アチャー

今週末(すでに先週末になってますが・・・)は休漁でした。


天気を読み間違えて、というか、読んでいなくて日曜日に出漁しようと思っていましたが、遭えなく雨天強風。

雨も風情があって良いのですが、強風だとただの嵐になってしまいます。

とっ言うのはいい訳みたいなもので、前日夜に雨の中で車載するのが億劫で断念でありました。


って事で、前回折っちまったロッドの補修をしたのですが・・・・・

Ca3a0443


補修後、出かけて、接着剤が乾いたかな~

グニュ~っと曲げてみたら・・・


Ca3a0498

ポチッ・

はあ~

ゼンゼンダメダメ


復活ならず。


ぴったり合うロッドの廃材が無いと難しいですね。ロッドの補修は。

仕方が無いので安いの探して発注~

Img55300866

仕様は6ft 120gMAXのジギングロッド


どんなのが来るでしょうね。

予想はガッチガッチの棒みたいなロッド

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

新装備

秋も深まり、そろそろ山では紅葉が見られるようになるのでしょうか

夜明け前の海岸もビーサンやらクロックスだとちょっと足先が冷たかったりしますね


昨シーズンは素足にマリンシューズで12月まで耐え抜いたのですが、洋上で漂っていると、濡れた足先に風が抜けると冷え冷えになってしまいます。

ドライスーツに変えれば良いのですが、厳冬期まで浮かぶつもりもないので何か良い物はないかと物色していたら・・・

ありました!


軽快ソフトみのる君

農業用のゴム長靴であります。

新装備

それがただの長靴ではな〜い!


新装備

ふにゃふにゃゴム製です

中はジャージ生地で暖っか


普通の長靴とは違い履き口はゴムで締まります。


出艇時に水に浸かっても短時間なら浸水しないでしょう。


ふにゃふにゃゴムなので艇上でも動き易そうです。

ロングジョンの上に被せて履けばかなり有効です。

新装備

最終的には


ロングジョン


ウェット素材の靴下(釣具店に売っているやつ)


その上に雨合羽のズボンで防水化

新装備

その上にこの『みのる君』を履いてしまえば、安物ドライスーツもどきになります。


沈したらドライスーツには勝てませんが、カヤック上で水に濡れて冷たい思いはしなくて済みそうです


って使ってみたらこの通り

新装備


浸水ヾ( ´ー`)


波間で一瞬浸かるだけで靴内ジャブジャブになりました


幅広のゴムバンドでも巻けばなんとかなるでしょう。


因みに楽天で送料込みで二千円ぐらいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

17漁目♪【20091017】んん~残念!

20091017

現着:06:05
出艇:06:50

風向風速:北西0.5m→0.0m凪

うねり:0.0m〜0.0m
波高:0.1m〜0.0m凪
気温:15℃
天候:晴れ
日出:0548
水温:24℃
潮回:大潮
満潮:0333 161cm
干潮:0934  67cm
満潮:1526 158cm
干潮:2146 40cm
月齢:28.3
上陸:13:55
釣果:イナダ:2尾

Ca3a0457


この日はちょいと出発が遅れてしまいました。


とはいっても、なぜだか統計的に(自分だけの統計ですが。)どんなに早く出発、出艇しようが、8時半前に釣れた事がありません!


必ず、ほぼ8時半以降30分に1尾目が釣れます。なぜでしょう??


Ca3a0458

風も無く、秋の凪のなか出艇。


水の透明度がものすごいです。
Ca3a0459

水深10mでこの透明度

凪で透明度が良いとなると・・・

釣れない予感・・・



ってことで、遠征することに・・・

目指すは、沖のイナダ遊漁船団の集結している3キロ以上沖です

Ca3a0461


ほぼ、1時間かけて船団の南300メートルに到着。


早速開始しますがよくよく考えると、自分の位置から船団の間には定置網で仕切られていて魚はこちらには回遊してくる可能性が低いと判断してさらに移動です。


定置網を沖側から迂回して船団の風下側に。

Ca3a0463


何だかんだでまたこの日も時刻はは8時半を迎えております。

カッタクリ開始!!


水深40mを手で手繰ると腕の上げ下げ50回


結構きついです。


もそっ!!


アタリ!!大当たり

移動は大正解!!

Ca3a0462


イナダクラスであります。
今日もカッタクリは裏切りません!


例によってストリンガーにぶら下げて再開


数分後

もそっ!!


今度は走ります。

小ぶりなブリでした。


その後、2回ヒットするも1回は取り込み直前に走られて、ストリンガーに絡み痛恨のバラシ、

もう1回はもたもた手繰ったたら、フッ?とばれてさようなら。

ストリンガーは短めが良いですね。失敗でした。

手繰りも掛かったらグイグイ手繰らないとラインのテンションが緩んでバラシにつながるのが判りました。

遊魚船団も気がつけば数隻に。

イナダの群れも散ったようなので本日は終了。結局2尾止まり。

091017_11260001


2尾の壁がなかなか越えられません


また、1時間かけて帰途に・・・

遠いです。

何で帰りはなかなか陸地が近づいてこないのでしょうかね。


上陸13:55

Ca3a0464

で!


しつこいようですが!


なめろう&タタキであります。

Ca3a0469
なめろう!!

Ca3a0470
タタキ!!


三枚におろしてそのままでも良いと思いますが、今回は水抜きしてみました。

水抜きも、一度『砂糖』で〆て、さらに『塩』で〆ました。
先に『砂糖』で〆ると塩分が染みすぎないで塩からくならないそうです。
かなり前の『ためしてガッテン』のしめ鯖の放送でやってました。
妻に聞いたら、ハムもそうするらしいです。

あとはひたすら包丁で叩くのみ!
『なめろう』は味噌とねぎを加えてかなり粘度が出るまで叩きました。

『たたき』は食感を残したかったので小指先の大きさぐらいまでネギと叩きました。

いずれも叩き具合はお好みでよいでしょうね。

美味さが異常です。

ご飯の食べすぎに注意が必要です。


Ca3a0472

実はこのほかに『ブリしゃぶしゃぶ』もやって見ました。

鍋のつゆは頭と三枚目でとったあら汁。

『あら』を煮ているとアクが出るので出なくなるまで取りました。

しゃぶしゃぶなんで味噌は入れずにすまし汁の感じです。


白菜などの野菜を入れてポン酢で食べると・・・・・・・

美味い!!!


ポン酢も土佐は馬路村のポン酢を夕食前に買いに行っちゃいました。

鍋の実況写真は喰ってるばかりで撮ってる余裕がありませんでした


ブリ三昧であります。

Ca3a0468

Ca3a0473


最後は妻謹製小麦粉なんちゃってうどんで〆



毎週ブリ食べててばちがあたりそうです。

| | コメント (6)

2009年10月17日 (土)

ネギトロならぬ

ネギトロならぬ
ネギぶり!

これもネギと叩いて(少し大きめ、小指の先ぐらいの大きさ)

出来上がり


美味いっす

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なめろう

なめろう
イナダのナメロウ美味い♪


味噌とネギと合わせて叩けば出来上がり


飯が足りなくなります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

16漁目♪【20091011】方々に♪

20091004

現着:04:55
出艇:05:50

風向風速:北西0.5m→0.0m凪

うねり:0.5m〜0.5m
波高:0.1m〜0.0m凪
気温:15℃
天候:晴れ
日出:0543
水温:24℃
潮回:大潮
満潮:1854 150cm
干潮:0255  52cm
満潮:1123 130cm
干潮:1936 138cm
月齢:22.3
上陸:11:45
釣果:イナダ:1尾、ホウボウ:4尾

必釣であります。

本日は必ず獲物を持って帰らないといけません

明日、お客さん(実家の母ですが)が来るのでその時のおかず用であります。

必釣を期すために今日はカッタクリ+ウィリーで望みます。

Ca3a0430

夜明けと共に出艇!

今日は風も無く穏やかな出艇です。




出艇時から凪は本当に久しぶりです

朝日をパチリとする余裕があります

Ca3a0431

今日の作戦は必釣体制なので岸よりの定置網のポイントから順番にひとつずつ潰しゆく方法

一カ所30分粘ってダメなら沖へ移動です。

ひたすらポイントを潰しては沖への繰り返し・・・



1つ目のポイントに到着。

ウィリー投下!

カッタクリ開始!!

小一時間・・・経過・・・

置き竿のウィリーは沈黙したまま・・・

カッタクリも既に数百回手繰ったか・・・

太陽もかなり上がり・・・



ダメか〜



魚探はやたらピヨピヨなるが全くアタリなし



ふと、目を凝らして海面をれば水面下5〜10メートルに魚の群れがガンガン通り抜けているではあ〜りませんか!



仕掛けを群れの真ん中に落とすと!

みんなよけて通過

魚も運もよけて行きます


おかっぱりのイワシ釣りの時もそうですが、なんで興味の無い時はみんなで無視するのですかね


追って来るフィッシュイータも居らず相変わらず仕掛けは沈黙



更に沖を目指し漕ぎ進め浜から2.5キロ沖辺りまで来たとこでやっと


モソっ!


やっと来ましたぁー

手繰って♪手繰って♪

へっ?

Ca3a0433

ホウボウでした。

取り込んだ後、散々暴れてラインをぐちゃぐちゃにされてしまいました





先週もそうでしたがホウボウが釣れ始めると青物シーズンも終盤に向かって行くようです。

まだまだ青物釣りたいですがね〜


まっ、贅沢は言わずひとまず坊主回避、贅沢なおかず確保であります。



気を取り直してぐちゃぐちゃのラインを解いて再開であります。

カッタクリのラインは太いので絡んでも解くのにさほどかからないのが良いですね。

ワカシ♪イナダ♪ブリ♪

ジョゴ♪カンパチ♪

ひたすら唱えながら手繰って手繰って手繰り倒すと!




ウィリーが!

置き竿のウィリーの方が唸ってグンニャリ曲がってます!

手にはカッタクリのライン、竿はグンニャリ


一瞬慌てますが、一呼吸して、先ずはカッタクリラインを艇に縛り、グンニャリ竿を掴むと!

走ります!

青物!


ガンガン走って、海底に突っ込みます


久しぶりの竿でのやり取りはなかなかいいですね〜

走りまくって、艇の左舷で掛かったのに右舷まで回り込んで来ます

ウィリー仕掛けは2.5メートルと長いので最後は仕掛け掴んで手でブッコ抜き!

Ca3a0435

ワカシ!いや、イナダ一年生クラスでありました




カッタクリ+ウィリー作戦は成功でした\(^_^)/




さっきのホウボウの隣りで仲良くストリンガーにぶら下がって貰います。

これで〆物とカルパッチョ確保であります

ウィリーを再投入してカッタクリも再開
しかーしZZzz....

後が続きません。



仕方なく、更に沖へ移動

移動した途端


モソっ・・・

走りませんヾ( ´ー`)

またホウボウ

移動してもホウボウ

贅沢は言いません!




置き竿のウィリーに期待を賭けますが・・・
沈黙(*v_v*)zzZ

Ca3a0437




あまりの沈黙で赤とんぼのアベックが休憩に( ̄▽ ̄)

ラブホじゃねーよ!!

それでもひたすら手繰り続けて・・・

モソっ・・

モソっ・・

重・・!

またホウボウ!?

 

ありゃ!2つ!

ホウボウホウボウ

ホウボウの群れに遭遇

 

ワカシは何処?カンパチは?

 

あっちこっち方々にホウボウ(・_・;)

オヤジギャグも炸裂!

 

今日はこんな日なんでしょう。

自然が相手ですから

諦めかけて居ると・・

ウィリーの竿がグンニャリ!

おっ!

根掛かりでした(-з-)

バギッ!

ゲッ!

竿真っ二つ・・・
ド真ん中から・・・

竿が折れても根掛かりはずれず

仕掛け丸ごと損失覚悟で満身の力を込めてラインを引っ張ると

 

切れない・・

 

再度・・おりゃ!

 

プチ!

ん?

 

天秤ほか仕掛けは無事

針だけ損失!?

Ca3a0436

もう一本の針にはメゴチ?

長年の相棒はメゴチと差し違えて殉職

竿が折れる程のハリスって何なんでしょう?







スペースの無い艇上で竿の変な所を持って引っ張ると簡単に折れますね。

根掛かりの時はズボラしないで、一旦ラインを緩めて、竿を置いてからラインだけ持って引っ張りましょう〜

敵ながら天晴れ!って事でメゴチは釈放

 

エサは尽き、竿も折れ、心も折れたので撤収

結局イナダ1、ホウボウ4でおかずには充分の釣果でした

Ca3a0438

5尾をストリンガーで引きずりながら帰途につく事に

活魚?輸送をしてみます。





〆ずに上陸寸前に冷水に入れて一時間半後にはまな板の上


Ca3a0440

上陸1145

| | コメント (6)

2009年10月 7日 (水)

〆しめ♪カンパチ♪ホウボウ♪カルパッチョ♪

先日釣ったカンパチとホウボウの処理であります。

Kanpahobo_2

このところのマイブーム って事でカンパチも〆ちゃいカルパッチョしちゃいます

ついでにホウボウも〆しめ&カルパッチョしちゃいます。

カルパッチョも食べたいので半身は二尾共にカルパッチョ加工場へ カンパチもホウボウも加工過程は一緒ですね





頭落とす

腹さく

内臓とる

三枚におろす

皮をはがす

小骨を毛抜きで一本ずつ抜く


とっここまでは〆物もカルパッチョも共通

我慢仕切れない方はここで刺身で食べちゃって下さい

酢〆は酢、みりん、お酒を適当に入れた容器に切り身を数時間から数日(お好みでどうぞ)漬けて喰いたくなったら喰う

一方カルパッチョは切り身に塩を塗って(あんまり塗ると後でしょっぱくなります)

キッチンペーパーにくるみ、更にラップでくるんで冷蔵庫へ
水分抜きの工程ですね


玉ねぎ、トマトなど野菜をオリーブオイルと塩を加えて混ぜ混ぜして冷蔵庫に放置


カルパッチョが喰いたくなったら(あんまり日が経ってもダメですが)、水分抜きした切り身に野菜をかければ、出来上がり。


Calpacho

でっ味はっと

左がホウボウ

右がカンパチ











まずはカンパチカルパッチョHoubou

身がしまってあっさりしています。

ブリ(ワカシ)との比較になってしまいますが・・











続いてホウボウのカルパッチョ

Syogo_2
柔らかく甘味があります。

脂ものってます

はっきりいって贅沢です。

レストランで食べたら凄く高そうです









翌日は〆物♪

Shime左の二列がカンパチ
右の一列がホウボウ

カンパチ〆から
上手い!
ブリ(ワカシ)〆とも違う食感です。

ホウボウ〆も頂き♪
トロッとした噛みごたえで甘いです。
ホウボウの脂ののった身が酢〆に良く合うようです




カヤックフィッシングをやっていなかったらこんなに美味しいものを食べる機会はなかったでしょう


レストランでもメニューにありませんからね


それも高級魚?と言われる魚を毎週堪能出来るのですから



海の恵みに感謝です

| | コメント (2)

2009年10月 6日 (火)

15漁目♪【20091004】カンパーイ

20091004

現着:05:00



出艇:05:50



風向風速:東5.0m→0.0m凪



うねり:0.5m~0.5m



波高:1.0m~0.0m



凪気温:23℃



天候:晴れ



日出:0538



水温:24℃



潮回:大潮



満潮:0437 173cm



干潮:1036  66cm



満潮:1624 165cm



干潮:2246  33cm



月齢:15.3



上陸:11:20



釣果:カンパチ(ショゴ):1尾、ホウボウ:1尾



土曜日の秋雨前線による強い雨の影響がどれだけ残るかが心配でしたが、風も穏やかな日曜になりそ うな予報



とっ、現地に行けば・・・



えぇぇ~



ビュゅゅゅ~



誰ですか?窓開けっ放しにした人は?



また今日もビュービュー東寄りの風5mぐらいで吹いてます。



改めて予報を見ても実況の計測を見て吹いている様子無し?



でも吹いている?



天気図からもシミュレーションからも風は止むと判断



と、言っても止むまで待ったら日が登りきって釣れ釣れタイムを逃すので、とっとと出挺しちゃいます。



Ca3a0413_3どこに座ればよいのか判らないぐらい荷物満載であります。



Ca3a0416_3進まな~い!!





真東からの風なので先週同様にスピード出ません。



途中、マウス+弓角を引っ張りましたが全く駄目ですね。



スピードも遅く、波もあるのでマウスの飛沫がまるで存在感ゼロです。





時間をかけて沖の沖まで行ってもしょうがないので、また今週も一番手前の定置網入り口付近に停泊





この日もカッタクリであります。





手繰ったあとのライン置き場用に丸いザルを用意しました。



先週は四角のプラかごを使ったのですが、丸のがラインの納が良さそうなので丸いザルにしてみました



ただ、挺のどこ置いてもこちらの納まりは悪いですね。



手繰って手繰って三十分



魚探の反応は良いのですが気配がないので、数百メートル沖に移動



更に三十分手繰り続けて、ふと後ろを見ると五時後方100メートルに遊漁船が停泊してまして、お客さん達が物珍しそうにこちらを見ておりました。



ちっこい手漕ぎ船で2キロ沖に出て無心に手で糸を手繰っているのなんて、余り居ないでしょうからね。



挺の流される方向と遊漁船の位置を確認して、問題なさそうなので続行!



少し流されてちょうど遊漁船の真横に来た時でした



すると・・・



もそっ!



つつっっっ~



一瞬、藻に引っかかったような感触です



竿の張力によるグニュ~とかガツンッ!とは違う、手に直接伝わる『もそっ』がヒットの感触ですね



タイミングがバッチリです。



まるでヤラセの仕込みのように魚を釣り上げるカヤックカッタクリ漁師であります。



悲しいかな掛かると何故だか慌てて今までの手繰り寄せのペースが乱れてしまいます。



手繰って手繰っておりゃっとブッコ抜けば・・・





ワカシ?あら?



カンパチ入りました~



ショゴですが、嬉しいですね~



人生初カンパチ



カンパチの生きた姿なんて見るのは初めてであります。



Ca3a0414



針を外してひとまずストリンガーに吊して、海に放置



手繰り寄せのペースがガタガタだったのでラインがグチャグチャ



解くの数分間



その間に流されてポイントを見失い二匹目のドジョウならぬ二匹目のカンパチはゲットならず





カッタクリはいい!



無心に手繰れはちゃんと糸の先に獲物が着いてきます。







その後ストリンガーにショゴ付けたまま定置網周りをあっちこっち周りましたが試合?時合い終了の雰囲気





そろそろ撤収を考えていると・・・





もそっ!







今度は慌てずにラインがキレイに収まるように手繰ります。







水面下に赤い色が・・・



タイ?♪







ぬっ?





青い羽?





ブッコ抜くとそれは鳥のように目の前を羽ばたいております







ホウボウぅ~





赤けりゃタイだと思うところがまだまだ修行の足りないところです。





カッタクリでホウボウね~とイマイチ合点がいきませんが、30センチほどの良い形なので結果OK



Ca3a0418



しかし何となく消化不良なのでホウボウもストリンガーにぶら下げて放置しカッタクリ再開。



Ca3a0419



気が付けば風も止みべた凪に


まるで生態反応が感じられません

コマセも切れたので本日は終~了

ストリンガーにぶら下げた二尾をまとめて〆てクーラーボックスへ

天然のイケス(海)に漬けていたので釣りたて同様です

タラタラ漕いで戻る途中ふと漕ぐのを止めてみました

な~にも音もせず、鏡のような水面が張り付き山のなかの小さな沼か湖にカヤックを浮かべいるようです

Ca3a0421

あんまり静かな海なので艇上で寝っころがってボーっとして空だけ見ていると海の上に居る言うより雲に乗っている気分でした

そんなこんなでダラダラしながら撤収~

上陸:11:20 

| | コメント (6)

2009年10月 3日 (土)

ブリ〆観察2

〆ブリ観察2
〆ブリの5日目であります。

3日目に比べ少し透明感が出てきたような感じです

酢〆と言うより酒漬けに近いようなイメージです。

食感は3日目と余り変わりませんが、プリプリした感じです
味はブリ、ワカシから遠くなってきたような、魚っぽくないような?

酢に漬けっぱなしと酢から引き上げて数日放置とまた風味が違いそうですね

明日の出漁で沢山穫れたら比較してみましょう!

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »