« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月25日 (水)

『カッタクリサムライ』編 20漁目♪



今回の遠征の基本装備はいつものようにカッタクリ、ウィリー、ジギングの三本
ラインは深海に備えてカッタクリは通常の50メートルに100を延長して150メートル
ジギング用スピニングリールには既設のラインを下巻きとして新規100メートルをプラスして深海対応可能に

多用途ベイトリール(新規導入)には新規100メートル 
1ヶ月前のロッド破損から次々と装備の入れ替えをしベイトロッド、カッタクリ以外は
ほぼ新規導入
であります。 
 
消耗した仕掛けやらを買い物リストを書いて釣具店に行き装備の補充をするのでありますが、
陳列棚
には『深海』とか『鯛』、『喰わせ』の文字がそこ此処に跳ねているポップに
想像力(妄想力)掻き
立てられ装備が無尽蔵に増加するのであります。
最終的に今回の遠征で艇に積載した装備

Pap_0000_5



 








カッタクリ150メートル
ジギングロッド(スピニング)
多用途ロッド(ベイト)

メタルジグ20個程度 
カッタクリ用テッカメン+天秤1セット
カゴ+天秤1セット
バケ仕掛け2セット
ウィリー2セット
胴付き2セット
カワハギ仕掛け一式
ヒラメ仕掛け2セット
深海メバル仕掛け1セット
サビキ仕掛け1セット

30号錘5個
ネズミ一匹+弓ヅノ 

エサ
アミコマセ1キロ
アミエビ2パック
鯖切り身1パック
あさり1パック

遠征にあたり全方位的な完璧な布陣で臨んだのでありますが、実際漕ぎ出してみると・・・
風はビュンビュン!





うねりはダッパン!

あまりに状況が悪いので支度な楽なジギングから

ポイントも絞れず、風に押されて流され続けるのみ。


釣れる気がしないのでカッタクリにチェンジ!

うねりの中でコマセのパック開けて、カッタクリラインに天秤付けて、バケ仕掛けつけて、
テッカメ
ンにコマセ入れて、投下! 
揺れる艇上で内職みたいな作業をしていると腹の底から何かが込み上げてきそうでした


魚探の示す水深は40メートル Pap_0001 

スルスルと出続けるライン
もともとは50メートルのラインそれに100メートル繋げて150メートルはいけちゃいます。


だがぁ!
水深40メートルなのに50メートル出ても止まらないライン 

ラインの角度は45度ぐらいか

揺れる艇上で一生懸命に三角関数であと何メーターラインが出るか計算しようとしますが・・


1192作ろう鎌倉幕府?

14142何だっけ?

794(なくよ)ホウボウ?

全く無理です。
もともと三角関数はアタマに入ってませんから~

海況とは全く関係なく無理でした 
もともとこんな状況でそんな計算が出来るほど賢かったら
こんな海況の日は魚屋さんで寒ブリの刺身を買っています。

そんなことで底を取るのは断念

ラインを手繰り始めると・・

グニョ~ん

ゴム紐?
もう一度
グニョ~ん 

テトロンの25号のラインがゴム紐に変わってます。
70回ぐらい手繰りってやっと回収
テッカメンの中を覗いてみれば空っぽ 

いつもは回収2回3回でコマセ補給が毎回補給であります。

手間が数倍。
その割りには投下~回収に時間がかかるのでコマセの燃費は通常の半分
しまいには腕は上がらず、ラインはゴム紐化しているので一度の手繰り寄せで10センチぐらいしか
コマセを余らすなんて武士の風上にも置けないので、必死に投下~手繰り~回収を繰り返しますが、
しまいには腕は上がらず、ラインはゴム紐化しているので一度の手繰り寄せで10センチぐらいしか動かず
Pap_0002
結局、かすりもせずにカッタクリは断念


コマセを余らせた武士はうねる洋上で放心状態で風に立ち向かう事も出来ず
海に漂うコンビニ袋のように風下に流されてゆく・・・・


漂流し『カッタクリサムライ』がたどり着いた先には・・奇怪な無人島が・・・

 
ねりの彼方には果敢にも素振りを続ける戦士が2人・・・・・
(左がムッタ氏、右隅がマメぞー氏)
 Pap_0005 

 

 

『浮島の戦い』へ続く・・・・・かも



| | コメント (2)

2009年11月24日 (火)

外伝20漁目『兵どもの夢のあと』

外伝20漁目『兵どもの夢のあと』


まるで合戦の後のような片付け風景になっちまいました。

SAAS2も水で洗って~


ポキッ!


外伝20漁目『兵どもの夢のあと』

落ち武者も郷に戻って力尽きました。


1シーズン海で使い続けたらサビでポッキリでした

| | コメント (2)

2009年11月23日 (月)

20漁目♪【20091022】決戦・・・勝山・・・『あらすじ』

20091022

現着:03:43
出艇:06:22


風向風速:北2.0m→北7.0m→北10.0~m


うねり:0.5m~2.0?m
波高:0.2m~1.0m
気温:10℃
天候:曇り→雨
日出:0622
水温:23℃
潮回:中潮
干潮:0108  23cm
満潮:0824 142cm
干潮:1323 107cm
満潮:1833 144cm
月齢: 5.3
上陸:11:30
釣果:落ち武者:3名



晴れた空・・・・・




Ca3a0096





























足りないストリンガークリップ・・・・・・




Ca3a0097

























水深150mのカッタクリ・・・・・



Ca3a0098_3 




















全ては妄想・・・・

















敵の大将を討ち果たすべく『転覆隊』の3人は・・・・




暗雲渦巻く大海原へ・・・・

Ca3a0084
























荒波を越え・・・・・



Ca3a0088_2





















強風に耐え・・・・・



Ca3a0087_2



























敵の攻撃がやむのを島影でジッと待ち・・・・・・




Ca3a0090























手柄は・・・・・・








Ca3a0092














さば餌でネンブー






返り討ちどころか・・・相手にもしてもらえず・・・・












戦(いくさ)場を離れ・・・・


観光を楽しむ・・・・・



Ca3a0093















なかなか絶景ですな・・・




Ca3a0094















天候が良ければ最高だったでしょう・・・





・・・・退却!!!!



Ca3a0095
















豪雨まで降らなくたって・・・・・














































































| | コメント (8)

2009年11月21日 (土)

出陣前日なのに・・狩り

明日はいよいよ討ち入り決行



出陣前日なのに・・狩り

なのに関所で引っかかってしまっている中年侍




出陣前日なのに・・狩り


仕方がないので『紅葉狩り』



出陣前日なのに・・狩り



出陣前日なのに・・狩り

呑気なもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

事前打ち合わせ?

事前打ち合わせ?
とある一膳飯屋

場所は品川宿

赤い旗を横に置き、海図を前に真剣な面持ちで何やら怪しげな談合をする中年3人


太刀は(竿)は何か?


太刀はいり申さぬ、拙者手繰りで(カッタクリ)でござる。


貴殿は飛び道具(メタルジグ)をお使いなさるか

弾は(エサ)は何か?


アミエビ、エビ、アサリ、サバではいかがかな?


それらは現地にて調達可能でござるな

敵は(獲物)は?
大将はタイじゃな


ヒラスズキも潜んでいるそうじゃ


ヒラメはどうであろうか?

・・・・

討ち果たせてないとお見受けいたす。


実は、ハタも討ち果たそうと・・・


噂にはハタはなかなか手ごわいと聞きておりまする

そもそもどこに潜んで居るやら?


水深は?

すぐに100メートル?!


むむっ・・・カッタクリは50メートルしか・・


大将は(タイは)?

誰も顔を知らぬ・・・


少しずつ攻めてくるそうじゃ・・・



・・・

(頭の中で全くイメージが湧かない)

GPSを使って同時討ち掛かれば勝機はあろう


んん・・・


天候が悪い時は地上戦(おかっぱり)にて・・討ち果たす・・・


週末の房州は勝山での討ち入りを万全なものとするためにマメぞー氏は房総よりムッタ氏(氏はウジと読んで下され)、拙者は三浦より半島を越えての談合であります。

して、助太刀は?

国元の剣豪の誉れ高い竜王の主殿と力自慢のMAX殿が我ら『転覆隊』に加勢してくれるそうじゃ


おぉ〜それは心強い!

さぁ、週末の討ち入りは見事大将を討ち果たす事が出来るか、はたまた総員返り討ちされて全滅(ボウズ)か『転覆隊』の面々は杯を重ねざ呂律が回らないデカい声を張り上げ密談を続けるのであった

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

明日はダメだし明後日もダメか・・・

明日はダメだし明後日もダメか・・・
明日はとてもじゃないけど出漁出来ませんな〜


では明後日はと・・・


風向きが変わって大西になりそうな・・・

半島の西海岸の方は頑張って漕げばダイエット間違い無し!


半島の東海岸の方はポイントまで楽チン片道切符漕ぎ!


週末は遠征に備えて漁具の手入れの日になりそうですな。

準備する時間が有りすぎると、あれやこれややりたくなって、結果ダメダメになりそうな予感も・・・

人間だもの・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

19漁目♪【20091008】漕げども・・・・

20091009

現着:05:33
出艇:06:30


風向風速:東2.0m→北7.0m→北1.0m


うねり:0.5m~1.0m
波高:0.2m~1.0m~0.0m
気温:20℃
天候:曇り→晴れ
日出:0543
水温:23℃
潮回:小潮
干潮:0137  32cm
満潮:0904 138cm
干潮:1347 114cm
満潮:1852 142cm
月齢:20.9
上陸:13:50
釣果:ホウボウ:1尾


4時起きでダラダラ支度をして日の出到着な季節になってきました。


現着後もなんだかダラダラモード

出艇まで1時間かかっちまいました。

Ca3a0009


風も穏やかで今日はかなり遠くまで出掛けられそう♪










沖の島にぶつかる波の音も静かです。


Ca3a0010

目指すは3キロ沖の遊漁船の集まる辺り













2、3隻既に到着しているようですが、まだ船団は形成して居ない模様



沖の船だけが目標物でひたすら漕ぎ続け


Ca3a0014




ビョぅぅ~


沖に出るにつれて北東風が強まってきます。





なんだかんだかんだで7時半に


よ~く見ると小船団の遥か沖に大船団がぁ

あと3キロは漕げません。


6キロ沖に出たら戻る時って永遠の時が過ぎる感じですかねぇ。

漕いでも漕いでも陸が近づかない

考えるだけで疲れそうです




嫌ぁ~な予感が


イナダ君は沖へ・・・旅立った?




小船団から少し離れてカッタクリ開始


ひたすら手繰ること小一時間。

風が強くてラインが纏まりにくいです



時間は8時20分


もそっ!


予定どうりと言えば予定どうり


何故に毎回この時間なのでしょう?


うっ!赤い!


あっ!羽根がぁ~


でかっ!


Ca3a0013


いい型のホウボウだす。


30センチ越えですな~




ホウボウは裏切りません!
いいヤツです。




しかーし!コイツが針をガッツリ飲んで、外すのに手間取ってかなり流されポイントを見失い後が続かず。

500メールぐらい流されては・・・・・

Ca3a0016 















漕ぎ戻る


Ca3a0015_2


流されては漕ぎもどるを5セット以上繰り返して昇天しかけたので、写真でも撮ろうかと仕掛けを落としたままパチパチやってれば根がかり









カッタクリのライン、仕掛け共に太いので引けども引けどもうんともすんとも言わず。

よっぽどアンカー代わりに放置しようかと思った程。


艇の位置を変えてやっと仕掛けが切れて脱出



やる気の糸もプチンと切れて暫く漂流してる始末


気を取り直して今度はジギングだぁ~
とっ気合いを入れ直してまたまた船団まで風上に向かって1キロ漕ぎ


シャクってシャクってジャークジャーク!


おりゃ~


キター!



んっ!バレた!


もう一度!


よし!フッキング!


Ca3a0017



あら~
o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪~


いくら『うまい!』と落書きしたからと言っても・・・





そりゃあんたは旨いでしょうが?

あんたは捌けません。


オマケに磨いたフックにスレだし・・



気が遠くなって幽体離脱してカヤックに乗っている自分をみ見たような気が・・


Ca3a0018_2

轟音がするので空見上げれば自衛隊のアクロバットチームのブルーインパルスが綺麗なダイアモンドフォーメーションで通過
(まったく映ってませんね。)










Ca3a0019

煙だけ映りました。
(横須賀の防衛大学のイベントだったらしいです。)











ジグを替えて気分も変えて半泣き状態でまたジャーク
(|||_|||)


ガツッッ


ヌルヌル~


期待の持てないこの引きは


エソm(..)m


プルプル振って無理やりバラしてサヨナラ~


全然ダメです。


ダメダメです。



もう漕ぐのも面倒になったので風に任せてまた漂流


北東風なので放っておけば岸に寄っていきます。


何にもしないのも何なんで、ウィリーを取り出してチョイと誘いでも


ぷるっ?


クリクリ@


チビエソZZzz....



ハァ~(;_;)



何をやってもダメです。


Ca3a0020



もう何もしませーん!











岸まであと1キロぐらいのあちこちにブイが浮いています。

以前、地元の方にブイは蛸壺の場所でその辺りは泥底だからカワハギが居ると教わりました。



往生際が悪いと言うか諦めが悪いと言うかカワハギ仕掛けを取り出してやってみますが、ベラがいき
なり掛かっただけで当たり無し

\(^_^)/

お手上げです。







Ca3a0021

流れついた漂流者の体で上陸



上陸:13:50









家に帰ってカルパッチョになっちまいました

Ca3a0025


| | コメント (8)

2009年11月 5日 (木)

坊主だから坊主

先日の出漁の時にバイトしてもフックせずに目の前まで追ってきて『ぷぃっ!』と見切られてしまいやりきれない思いをしましたが、その原因はこの錆びたフック

坊主だから坊主

変えても変えてもすぐ錆びが出るので放置していました

この辺の手入れ具合が釣果を左右するのでしょう

坊主だから坊主

ホログラムもハゲハゲ

坊主だから坊主

って事でヤスリでジコジコ錆び落とし&研ぎ

錆びは落ちましたがボコボコですな。

先端も鋭利になって一発貫通できそう♪

坊主だから坊主

ついでにシーバスをやっていた時によくやってたレッドヘッド化

頭を赤く塗るだけで良く釣れるようになりました。シーバスは!
イナダでも同じでしょう。多分

あとはキャッチコピーでとどめ!

さぁ今週末も青物ダァ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

18漁目♪【20091031】ヨク、コラエタネ

20091031

現着:07:00
出艇:07:40

風向風速:北東5.0m→北10.0m

うねり:0.5m〜2.0m
波高:0.2m〜1.0m
気温:20℃
天候:晴れ
日出:0548
水温:23℃
潮回:大潮
満潮:0307 152cm
干潮:0859  76cm
満潮:1447 153cm
干潮:2117  39cm
月齢:12.9
上陸:11:50
釣果:坊主:1人



出遅れです。

まったくダメダメです。

木曜日に宴会があって飲みすぎて金曜日一日中具合が悪く、土曜日の出漁もどうしようかと悩んだ挙句・・・・。
日曜日には南が入るという事なので『こりゃ~行っとかねば』と二日酔いから回復したての体に鞭を打って起きた訳ですが、『どーせ8時半になんなきゃ釣れないだから・・・』とダラダラモードで支度して現着。


とっくに日は昇り気持ちの良い朝に・・・

風もいい感じで北東から入ってます。
風速5mを少しきるぐらい。
北東なら少々吹いても陸に戻されるだけなので出漁決定♪


近くで『カゼアルネ。』地元の漁師の奥さんのおばあちゃんが独り言を言っています。


1


なんとなく聞き流して出艇して漕ぎ出せば・・・










ぐっうっ・・・ちと向かい風がつよいです。



(そう!今日のブログはまったく盛り上がり場所がありません。おまけに写真もほとんど撮る余裕がありませんでした。)

2

たまには出艇地から沖合い500mの沖の島でもパチッ



今、写真を見ると結構海面がモリモリしてますね~






沖には今日も遊漁船団が終結しつつありますが、今日はそこまでいけません。無理ですね、この風じゃ。多分、船団の居る辺りは風速10m前後ぐらいは吹いてるでしょう。



それでも2個目の定置網の先端(2km沖ぐらい)まで漕いで、例によってカッタクリ漁開始!!




ぐっうっ・・・



手繰ったラインが風でバラバラに・・
まとまってザルに入って行きません。
カヤック・カッタクリ漁の弱点がわかりました。風の強い日は全然ダメです。

っと気がつくとあっと言う間に2個目の定置網の尻辺りまで漂流してました。




カッタクリがダメそうなので、先日購入の30~120gまでいけるガチガチのジギングロッドの『試し』振り。




一個の定置網の長さって500mぐらいでしょうか?
漕いで戻る→パラアンカー展開→ロッドをシャクる→パラアンカー回収→また漕いで戻る。


漕いでいる時間のほうが長いです。

3
流される速度が速いのでポイントもなにもありません。

一度だけ一瞬バイトして水面近くまで銀色の魚体が追ってきましたが、見切って行っちまいまいした。








風も段々酷くなり、あちらこちらにウサギが跳ねはじめたので沖合1キロまで移動であります。


オンショアの北東風。こんな日はこれに限ります。


4

絶好調ですSAAS2。こんな荒れた日に呑気なもんです。



これが南西風だったら間違いなく東京湾横断です。






沖合い1キロに戻っても風は弱まっておらず・・・

場所によっては海底が岩場の根なので、かえってうねっていたりして釣りになりません。


ど~もしようが無いので撤収~撤退~


気がつけばかなり南に流されてました。


ひたすら北に向かって漕ぎます。進みは遅いですが、陸に近づくのはアッ言う間

ただ、風を横切るのでウネリ、波が横からぶつかってきます。
良い練習になります。こんな日は意外と漕いでいて楽しいものです。


最後の仕上げは上陸。うまいこと波に乗れて滑り込むように接岸っと思ったら、
あんまりキレイニ波に乗れてしまったので何処で陸地になったのか良くわからず、降り遅れて次の波に後ろから押され方向転回。慌てて降りて無理やり引きずって上陸。



5_2
振り向けば結構荒れた海になっていました。


撤収作業をしていると『コラエタナ。』へっ?と思って見回すと朝の漁師の奥さんのおばあちゃんが『ヨク、コラエタナ。』『あんなゴムボートで』。






やはり地元の人々から見ると沖にカヤックで出ているのは危なっかしく見えるのでしょう。
事故を起こさないようにしないといけませんね。




上陸後、面白い物が置いてあるのに気が着きました。


6



水中翼ヨット?ですね。







7
沖でカッ飛んでるのは以前目撃したのですが真近で見るのは初めてでした。


8


この状態では水中翼がついて無いようですが、結構カッコいいですな。










上陸:11:50

| | コメント (8)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »