« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

14漁目【20101017】&15漁目【20101024】イナダは何処~

超~多忙のためほぼ1ヶ月ぶりの更新であります。


とはいえ仕事ばかりしていた訳ではなく、ちゃんと本業はしておりました。


10月10日の体育の日には、荒れ模様の予想をして健康的に屋内で・・・


Ca3a0503

スパンカーの改造やら・・・

Ca3a0505


なんやらかんやら









翌週の10月17日には出漁してホームの三浦で定点観測であります。


先週は荒れ模様の予想で出漁せずで、なんだか大物を取り逃がしたような気分で一週間過ごしておりました。

でっ、行ってみれば…

予報通り、陸上は風は穏やか…
漕ぎ出せば、海上はビュンビュン吹います。

それでも沖合1キロぐらいの根まで迎え風の中漕ぎ、投錨。

風が吹くのは毎度の事ですが、陸上と海上が違いすぎます。



うねりと風波が別々の方向からやって来ます。

20101017_72759_0055

因みに、この日はムッタさんと同道。

パラアンカーのムッタ艇はアッ!ちゅう間にドンブラココと流れて遥かかなたに行っちゃいます。

20101017_72744_0054










その間、魚探に盛んな反応が出ますが、我がカッタクリマシ〜ンは一度も吠えず、タダの糸巻きと化しておりました。







20101017_72821_0056

その後、さすらいのムッタさんと再開を果たし、近くの岬近くの岩礁帯に移動しますが、荒れ過ぎで艇を操るのが精一杯で釣りどころではないので、早々に退散。




どうも状況が良くないので、一旦上陸しましたが、海況が好転しそうもないので、異例ながら8時半に終了〜
結局、2人ともかすりもせず漂流しただけでした。



しか〜し潔い悪い坊主2名は余ったコマセを頼りに陸っぱりに再出撃するのであった…

101017_13080001


が…、坊主は陸に上がっても坊主なのであります。

ジギングロッドにコマセに湧くイワシにも見向きもされない、デカすぎるイナダ用サビキ仕掛け。

それでもなんとかムッタさんはイワシ三尾
私はハゼ二尾

何〜をやってんだか…まったく


ダメダメの気分を引きずり日はめぐり・・・・・
翌週・・・・


気を取り直して・・・!


10月24日この日は中年転覆隊面々(ムッタさん、マメぞーさん、自分)+30年後中年のマメぞーさんジュニアのカンぞーさんでの世代を超えて動力船での出漁であります。

何故だか、あまり写真を撮らなかったので、ほぼ文章でだけです。


曇りですが、風も弱く、海況はほぼ凪ぎ。
コンディションはまずまずです。

この季節のカヤックフッシングと違い、風に吹かれてずぶ濡れになるわけでもないので、着る物に悩みます。
ウェットスーツじゃ暑そうだし、かと言って海パンじゃぁ寒いし…
悩んだ末に普段着に合羽で出撃する事に決定

普段から乗合で船釣している方はこんな事で悩まんのでしょうね
沈を前提に物事を考えてしまうKFバカ故の悩みなのでしょう

出航してまず最初は私が先月船釣りで連れて行かれたポイントへ

さっそく皆さん開始しますが…

陸から数キロ沖
水深50mぐらい

他の釣船も居ますが

初ヒットは誰?!

沈黙です。

やはり“にわか”船頭の案内ではダメダメであります。

ムッタ船長判断により陸よりのポイント移動〜

今度のポイントは少し浅め。

魚探で根を確認ながらパラアンカー投入

カッタクリ、ウィリーと色々試行錯誤していると…


20101024_110542_0058 マメぞーさん一番で釣り上げますが・・・
フグの掛かり


残念!
















私の方はというと

まずは一発目
イトヨリ

20101024_185316_0063

なかなか良い型でした。
どちらかと言うと青物が狙いなんですが…


そうこうしてるうちに皆さんポツポツと釣れ始め、気が付けばサバ&ソーダ祭りがスタート!




船中に訳の解らん怒号が飛び交います。

“底から5メートル!”

“魚探に反応!30メートルぐらい!”

“魚探に斜めに反応!”

“それはオッチャンの仕掛けだ〜!”

“やっぱり表層だ!”

“なぶら発見!”

方々だぁ〜

いや、ホウボウキター

“トップウォーターならホッパーだ〜”

“餌付けてる時に掛かっちまった〜”

はっきり言って、流言飛語

いい大人も子どもも思いついた事を口走って居るだけであります。


祭りが過ぎ去ってプッツリ釣れなくなったところで更に移動です。

20101024_130224_0061


移動したポイントで皆さん、カワハギ、イカ狙いにチェンジですが、全く沈黙…

針は消滅し、たまに上がるのはフグばかり。

そんな中、マメぞーさんの竿がいい感じに弧を描きます。

タモ〜

浮き上がる座布団!

え!?…エイ?

アタマがデカくて尻尾が長いんでタモ入れ困難です

(タモ入れのバタバタはムッタさんのブログでどうぞ)

なかなか楽しましてもらいました。

その後はもう餌の消化試合で全く上がらず



鯛狙いで大量に用意していた甘エビでカンぞーさんと一緒にカモメの餌付けを楽しみながら帰途につきました。
(餌付けショーの様子はマメぞーさんのブログにて)




それでも4人でこんだけの釣果だったんで、まぁまぁ良しとしましょう
Ca3a0519

|

2010年10月30日 (土)

15漁目【20101024】動力船

この日は中年転覆隊面々(ムッタさん、マメぞーさん、自分)+30年後中年のマメぞーさんジュニアのカンぞーさんでの世代を超えて動力船での出漁であります。

曇りですが、風も弱く、海況はほぼ凪ぎ。
コンディションはまずまずです。

この季節のカヤックフッシングと違い、風に吹かれてずぶ濡れになるわけでもないので、着る物に悩みます。
ウェットスーツじゃ暑そうだし、かと言って海パンじゃぁ寒いし…
悩んだ末に普段着に合羽で出撃する事に決定

普段から乗合で船釣している方はこんな事で悩まんのでしょうね
沈を前提に物事を考えてしまうKFバカ故の悩みなのでしょう

出航してまず最初は私が先月船釣りで連れて行かれたポイントへ

さっそく皆さん開始しますが…

陸から数キロ沖
水深50mぐらい

他の釣船も居ますが

初ヒットは誰?!

沈黙です。

やはり“にわか”船頭の案内ではダメダメであります。

ムッタ船長判断により陸よりのポイント移動〜

今度のポイントは少し浅め。

魚探で根を確認ながらパラアンカー投入

カッタクリ、ウィリーと色々試行錯誤していると…

まずは一発目
イトヨリ

なかなか良い型です。
どちらかと言うと青物が狙いなんですが…

そうこうしてるうちに皆さんポツポツと釣れ始め、気が付けばサバ&ソーダ祭りがスタートしてました

船中に訳の解らん怒号が飛び交います。

“底から5メートル!”

“魚探に反応!30メートルぐらい!”

“魚探に斜めに反応!”

“それはオッチャンの仕掛けだ〜!”

“やっぱり表層だ!”

“なぶら発見!”

方々だぁ〜

いや、ホウボウキター

“トップウォーターならホッパーだ〜”

“餌付けてる時に掛かっちまった〜”

はっきり言って、流言飛語

いい大人も子どもも思いついた事を口走って居るだけであります。

祭りが過ぎ去ってプッツリ釣れなくなったところで更に移動です。

移動したポイントで皆さん、カワハギ、イカ狙いにチェンジですが、全く沈黙…

針は消滅し、たまに上がるのはフグばかり。

そんな中、マメぞーさんの竿がいい感じに弧を描きます。

タモ〜

浮き上がる座布団!

え!?…エイ?

アタマがデカくて尻尾が長いんでタモ入れ困難です

(タモ入れのバタバタはムッタさんのブログでどうぞ)

なかなか楽しましてもらいました。

その後はもう餌の消化試合で全く上がらず

鯛狙いで大量に用意していた甘エビでカンぞーさんと一緒にカモメの餌付けを楽しみながら帰途につきました。
(餌付けショーの様子はマメぞーさんのブログにて)

それでも4人でこんだけの釣果だったんで、まぁまぁ良しとしましょう

|

2010年10月 3日 (日)

13漁目【20101003】ゴマサバ祭り

先々週のホーム偵察後、初の出漁であります。

北風が吹きそうな天気図でしたが、現着してみると・・・・

やはり吹いてます。

ど~しよ~??暫し、5秒ぐらい考えて出撃準備開始。

20101003_61704_0002

沖の沖の遠~い根までは無理ですが、近場1キロ沖ぐらいの根なら何とかなるでしょう。


今回は完全フル装備、荒れた海でのフル装備の弱点の点検も今回の兼ねております。


7時にポイント到着。風速5M/Sを超えてますね。

荒れていて、ナブラもまったく判りませんが沸きそうな場所のアタリをつけてアンカーリング。


20101003_65813_0003


先ずは、コマセ+ウィリーで攻撃。

時折通過する群れの棚にあわせて仕掛けを落としてみれば・・・・


20101003_71021_0004

アタリ!!一丁上がり!!




とはいえ風はドンドン上がってくる一方。

20101003_81220_0005

ウィンドサーフィンが斜めになってカッっ飛んで行きます。

でっ、二丁上がり!!

海は大荒れ、魚も大荒れ!

居ましたね~やはり

釣れる、バレる・・

20101003_81327_0006


バレる、釣れる・・・

一荷でも!!
20101003_82102_0008


風も、危険域に入り、コマセも切れたので、9時には撤収

スパンカーを畳んでいてもケツが振られて流されながら片手漕ぎだけで浜に漂着。

20101003_94041_0009

結構、2時間チョッとの出漁でしたがヘトヘトでした。


20101003_135938_0010
家について数えてみれば9尾。よく釣れました。



ここのところの苦行の様な捌き修行で手早く綺麗に出来るようになりました。

20101003_142822_0012


捌いて気づいたのが、三浦半島相模湾側のサバから出てきた餌は『シラス』
こっちの東京湾側から出てきた餌は『イワシ』
追っている餌が違うのですね。


20101003_155223_0014 今回は『つくね』にしてみました。
身をスプーンで皮からはがしてから、少し包丁で叩いてミンチ状にして捏ねるだけ、味付けはお好みなんでしょうね。

20101003_160308_0015 今回は、晩御飯が鍋なんで、一度『蒸し』てから鍋に投入するまで待機させときました。

この状態で冷凍して置けばレンジでチン!でもすぐ食べれますね。

他の料理にも使えそうです。

|

2010年10月 1日 (金)

見上げれば雲も秋ぽく

見上げれば雲も秋ぽく
やっと涼しくなりました。

雲も秋らしくスジスジ


週末は釣れますかね〜

日曜日は北風が入りそうな気配。

出るなら明日か?

でも日曜しか出れず

ん〜

行くだけ行こう。そうしよう


ダメならサーフでメジ釣るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »