« 季節外れの花火・・・ | トップページ | 冬の仕込み »

2010年12月11日 (土)

20漁目【20101205】五目名人(@_@)

現着:06:50
出艇:07:16

風向風速:0.0m→北3.0m→北1.0m

うねり:0.0m〜0.5m

気温:15℃
天候:晴れ
日出:0638
水温:21℃
潮回:大潮
満潮:0324 58cm
干潮:1054 134cm
満潮:1649 101cm
干潮:2149 120cm
月齢:7.9
上陸:13:00
釣果:カワハギ3


一週間遅れの更新であります。


激しい雨音で目覚めて外の様子を見に玄関を開けると…

そこにはカヤッカーの夢の世界が広がっておりました。

オォォ〜my入江(^O^)/


20101203_74351_0005

我が屋敷に船着き場が出来とります。

そのままヘチ釣りもOKかも…

なんて寝言のような事を考えているうちにだんだんと事態が飲み込めてきました。

洪水?!

ゲリラ豪雨的な短時間に雨量のやたら多い雨が降ると排水が間に合わず溢れちゃうんですね。

この日はこれ以上水も上がらず床下浸水は免れました。

そんな冬の嵐のが襲った三浦半島
隣りの鎌倉市内に竜巻が走り、屋根は飛び、あちこちで崩落。途中に山が無ければ我が家にも侵攻してましたね。





そんな事のあった週の終末、三浦の海はどうなっているのでしょう。

土曜日は文字通り嵐の余波が残り、風もビュービュー


20101205_74500_0010 一転、日曜日は嵐が全て持ち去ってピカピカの晴れ
太平洋高気圧が張り出して、夏の台風明けのような天候です。


出艇準備を整え、見上げて見ればウミウ?が数百?千?の群れで旋回している。

渡りの時期になったようです。
南に行くのか北に行くのか?
追っかければ大漁間違いなし!ですが…







20101205_75911_0012 海況はと言えば、『べた〜』凪ぎであります。

先ほどのウミウの群れがびっくりして飛び立たないようにかそーっと漕ぎ進めます。


『バシャ。シャバシャバシャ!ぶぁゎ〜』
あぁ〜驚かしちゃいました。
エラい騒ぎでみんな飛んで行っちゃいました。


何時ものように漕ぐこと1時間弱。
沖合3.5キロの根に到着。

2馬力船が先行して一隻入ってますが、外に船影は無し
今日も過疎っている三浦海岸沖であります。

わざわざ、こんな沖まで2馬力船でも出張って来る方も少ないようです。ましては漕いで来る酔狂な方は過去に一度見たっきりです。


20101205_92227_0015 この日は天気も良く対岸が良く見渡せますが、なんかガスってるみたいです。
霧なのか?火事なのか?1カ所から湧いているように見えます。


久しぶりに凪ぎな海で呑気に構えつつ、この日の狙いはカワハギ。










この日のエサは前回同様『イカのアミエビ和え』。

前回の確認と言うか実証試験みたいなものです。



本当にイカでカワハギが喰ってくるのか?


20101205_91757_0014

喰います。


みんなの大好物のようです。


大好物が故に入れ喰いですがベラ、イワハゼ10来るとやっとにカワハギ1のペース

20101205_94036_0016


それでも大きめのワッペン3尾を確保


外道千本ノックみたいな事をしていたらヒットした感じで何が喰ったか当たるようになっちまいました。

たまに変化球みたいに、こんなんやら
20101205_103220_0019


こんなんも来たりして今日も何だか五目達成!
20101205_102716_0018

オニカサゴは美味いと聞きていましたので一瞬キープも考えたのですが、毒魚でサイズも微妙なのでリスク回避で帰宅して頂く事にしました。


20101205_104642_0021

11時を過ぎて潮も止まり、アタリもサッパリ無くなったので潔く(悪く)撤収。


潮が止まると本当に喰いって悪くなるものなのですね。今回、良く実感出来ました。










20101205_84612_0013 さて、帰ろうと艇を回して浜を見れば、これも毎度の事ですが、『はて?出艇地はどこぞ?』正確な位置が分からないぐらい沖に出とります。

まっ、富士山に向かって漕ぎ続ければじきに出艇地は見えて来るので気にはなりませんが…


ただ、帰りの出足は漕いでも漕いで沖から見る浜の風景はなかなか大きくならず、全く進んでいない錯覚におそわれます。



ある一定の距離(2キロぐらい?)まで近づくと一気に浜が近づいて来るように見えるようになりますね

浜からの風が大変強い日にこの線を越えて出てしまうと、この錯覚が精神にかなりダメージを与え、思考に混乱をきたし『泳いだ方が速いじゃないか』とか『対岸まで流された方が安全では?』など魔がさした(間がした?)ような考えが浮かんでしまいます。

そんな時は風に正対して漕がずに斜めから風を受けるようにして一番近い浜に向かって自分を信じてひたすら漕ぎ続ける事ですね。

多少風で流されて目的地(出艇地)から離れようが、兎に角、陸地なら何とかなりますからね。

知らない海では出来ることならこの線は越えない方が良いでしょうね
なんてシリアスな話しに何だか変わってちゃいました。



この日は風も無いのでの〜んびり漕ぎ

20101205_115452_0022

途中、漁師さんがコンブ取りしております。
昆布取りが始まり、海岸に大根が干し始めると、三浦海岸はもう冬です。

20101205_121310_0023


そんな事を思いつつ12時に上陸

艇を車に載っけて、ふっと空を見上げれば、パームツリーにキレイな青空。


20101205_125233_0028

私ゃTシャツで撤収作業
ここは常夏の南の島だっけ?
いやいや暮れも押し迫った師走の日本です。


冬の風景と真夏の風景
何でしょうねぇ今年は…










20101211_160244_0032 さて今回で今シーズンのカヤックフッシングは終了です。

来春まで艤装三昧です。



























20101204_172521_0009


しか〜し!まだまだ続くよ陸っぱり

\(^_^)/

|

« 季節外れの花火・・・ | トップページ | 冬の仕込み »

出漁」カテゴリの記事