« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月17日 (月)

【7漁目20111002】あんど【8漁目20111009】敵姿見えゆ

今回は二週分まとめてであります。

って、言っても今週はなし。土日風強すぎ。嵐だし。大雨だったし。
夕方、サビキでいわしと思って三崎港にダラダラ行っても立ってられないぐらいの風。

というわけで、先週、先々週の出漁の状況であります。

【7漁目20111002】

6時起きの出遅れスタート。
毎度のことですね。

7時ちょいすぎに現着すれど風強し。

こうぉ・・・うまいこと休みに風って止まないもんですかね。

最近、現着してからの状況判断がデケトーになりつつあります。

なぜなら。。。。4年も同じとこに通ってると風向きと風の強さで何処まで行けるかが経験値である程度、判断できるようになったからです。
最初のころは風が吹くとどうなっちゃうかが判らなかったので、基本は風速5m程度で中止にしていました。

これはあくまでもホームでの話し。アウェーじゃ、風が吹いたらサッサと中止でしょうね。

んで、漕ぎ出せば・・・
Sn3r0034
前回と同じ海況。ドンブラコッコです

沖合い1キロの根でひとまずカッタクリますが、浅すぎてなかなかできません。

1時間ほどそこで粘ったんですが、水深10M以下じゃどうもダメ
生態反応もなし。

Sn3r0033 風が緩くなったのを見計らって沖合い3キロまで進出します。ホントはさらに1キロ行きたいとこですが、それは風との相談で無理。

やっとそこで水深30m弱。












Sn3r0030_2


まずはカッタクリマシーン起動!!














Sn3r0036


ホウボウでました。やはり沖まででれば何かはきます。



実はこの時点で込ませきれ寸前。









Sn3r0037


その燃料切れの状況を嘲笑うごとくフグの連続攻撃













Sn3r0038 カッタクリのバケがボロボロにされちまいました。最終的に針も切れてカッタクリは強制終了


Sn3r0039


仕方が無いのでウイリーにアミえびつけてかごにコマセも入れず(燃料切れ)投入放置。


Sn3r0044 そこで、釣りの神様は見放さず・・・サバ!げっちゅう

なんとなく青物入ってきたみたいな予感です。

んなことでこの日はそのまま上陸。













っで翌週・・・・・

【8漁目20111009】

青物来るぞーっって勢い勇んで現着

ひゅう~ぴゅ~

この日も吹いてます。

Pap_0058

前の週より弱いと判断。

Pap_0056
迎え風の中、がんばって時速2キロちょっとで2時間近くかけて沖合い4キロまで到達


アンカリングしようとしますが、どうして走錨してしまいます。

パラアンカーも投入しますが、全然とまらず。

風に押されて時速2キロでバックで航行




それでもカタクリ投入しましたが、全く釣りにならず。



あっという間に1キロ流されポイントははるか彼方・・・・

諦めました。コマセ海洋投棄・・・・ご免なさい

撤収は風に押されてあっという間。はぁ~筋肉痛確定・・・



Pap_0055

そんな8漁目でありました。

チャンチャン♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »